学校の選び方について

昨今、学校選択は重要なものとなっており、従来の地元の公立が本命、私立が滑り止めといったケースから脱却しつつあります。そこで学校を選択するのに何を重要視するのかで選択肢が多様化してくるわけです。まず、学費の安さを重視するなら公立が間違いないです。最近の公立は情報機器や教員の研修も充実しております。しかし、事勿れ主義な傾向があるのでクレームなどを懸念し、熱血指導は期待できません。それに対して私立は熱意ある指導を期待することができます。また部活動や学習指導、生徒指導のいずれかに特化していることが多いので生徒や保護者の需要も満たしやすいですが、学費が高いことを忘れてはなりません。子供の適性や将来のことを考えてベストな選択をしていきたいですね。

私立中学の学費についての注意点

私立の中学校だけではなく、小学校や高校でも同じことが言えますが、市立や県立とは違い、入学金や毎月の学費がかかる事になります。特に近年では私立中学への入学希望者も多い事から事前にどの程度の教育費がかかるかを調べる時に学費にだけ注目をしてしまいがちですが、実際には授業に対する費用だけでなく、公立校に比べると様々な面で費用がかかる傾向にあります。特にうっかりしてしまうのが、通学で利用する交通機関の交通費になります。鉄道やバスなどの定期代を実際に計算をしてみると意外に多くの金額になっている事も少なくありませんので、費用面で厳しいと思われている場合には事前に交通費に関しても確認をしておく必要があります。

↑PAGE TOP

Copyright © 公立と私立の学校について All rights reserved