中高一貫の学校の雰囲気

学校には主に公立と私立がありますが、中学生から私立へ通う場合、中高一貫となっているところがほとんどです。小学生の時に受験をしておけば、高校受験は学校にもよりますがほとんどないとみていいでしょう。しかし中学から高校にあがるときは簡単なテストがあるところも多いです。また、中高一貫ですので六年間、そこで知り合った友達と長く付き合い学ぶことになります。特徴としては六年間同じ雰囲気や方針の中で学ぶことになりますので、合う合わないの下調べはしたほうがいいでしょう。利点としては落ち着いた環境で勉強をすることになります。

私立中高一貫校のメリット

私立中高一貫校という選択肢は学校選択の中でもあまりメジャーな方ではないです。義務教育期の中学期も高い学費を払うので、積極的に子供を進学させたいとは決断できない親御さんも多いのではないでしょうか?しかし、私立中高一貫校ならではの利点もあるので上手な学校選びをすれば金額以上のものが得られます。利点として六年計画での長期的な学習計画が立てられるという点を挙げます。高い学力を要する大学を狙うには中学生の時点で高校生の単元を学ぶことができれば公立の生徒よりスタートの時点で大きくリードできます。また、勉強面だけでなく部活動の面でも利点があります。それは自動車部や馬術部など公立では珍しい部活動も六年間一貫した指導を受けることにより、高校でそれらの競技を始める生徒より有利なことです。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 公立と私立の学校について All rights reserved