私立と公立の学校の違いとは

学校は、私立と公立の大きく2つに分けることができます。中学であっても高校であっても、学習する内容が全然違うというわけではありません。もちろん各校の偏差値によって難易度や進度に違いがあります。はっきりとした違いを挙げるとしたら、教育方針と学費ではないでしょうか。学校によって違いはありますが、一般に公立のほうが学費が安く、進学のために受験をすることが多いです。私立の場合は学費が高く、一貫校であることが多いです。さらに、特定の分野に力を入れているなど、教育方針に設立者の意向が表れていることもあります。どちらが子どもに適しているのかは、実際に見学会に行ってみたり、本人の意見を聞いて決めましょう。

私立校と公立校の違い

公立学校は、国や地方公共団体によって設立されたものです。税金によって運営されているので学生や生徒が支払う学費は安く済むことが多いです。教師や職員は公務員です。私立学校は、国や地方公共団体ではない私的な団体が設立しています。税金による補助は一部ありますが、税金のみによって運営されているわけではないので、学費は高い傾向にあります。国や地方公共団体からは独立しているので、教育内容に特色がある所が多く、そこでしか受けられない教育を提供している場合もあります。それぞれの特色をよく見極めて、各人のニーズに合った所へ通学することが大切です。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 公立と私立の学校について All rights reserved